住宅のトラブルを解消

雨漏り修理はお早めに!あなたの家にこんなサインがでていませんか?

雨漏りの状態が悪化すると雨漏り修理にかかる時間や費用が増えてしまい、今後の生活に悪影響を与えてしまいます。そのため発生したらすぐに雨漏り修理を依頼して、修理費用や作業時間が増えないようにしましょう。

雨漏りのサインをチェック

案内する作業員

雨漏りが発生している兆候を見逃してしまうと、住宅の状態がどんどん悪化しまう可能性が高いです。住宅内をきちんとチェックして事前に兆候を見抜けば、すぐに雨漏り修理を行ない迅速にトラブルを解消することができます。いくつかあるサインを見てみましょう。

  • 天井や壁にシミができる
  • 床がふくれて盛り上がる
  • 障子やふすまがふやけて波打つ
  • カビ臭い臭いがする
  • 天井や壁から水が落ちる

こうした現象を見落とすことで、住宅の木材などが腐ってしまい建物に住んでいる人の健康に悪影響を与えてしまう恐れがあります。不具合や気になる点があれば早めに修理を行ないましょう。

雨降り修理の流れを知ろう

業者に雨漏り修理を依頼する際は、住宅の状態を確認するために、まず現地調査をお願いしましょう。この時の大まかな流れを紹介します。

雨漏り修理業者に相談

雨漏りが発生した際はまず業者に相談を行ない、現在の状況を伝え、自宅から近い場所にある店舗へ連絡を入れてもらいます。その後は現地調査を行なう日程を決めて、後日担当者に自宅を調査してもらうのが一般的です。

点検と見積

業者の方に現地調査を実施してもらい屋根や外壁の状態を見てもらいます。確実に対策を行ないたい場合、より専門的な調査を依頼することもできますがその分費用がかかります。雨漏りの原因が分かれば、具体的に必要なプランの見積もりを出してもらいましょう。疑問点があればこの時確認しましょう。

雨漏り修理工事

調査によって施工プランが決まった後は、雨漏りが発生しないようにしっかり工事を行なってもらいましょう。施工にかかる日数は工事の進み具合や住宅の状態、天候などの要素によって変わってくることが多いです。

修理後経過観察

雨漏り修理後は業者の方が住宅の状態を一定期間チェックし、住宅の屋根に問題が無いかを入念に調べます。万が一雨漏りが再発した場合は再度施工を行ない、その後また経過観察をして問題が無いことが確認できた場合は工事完了となります。

シロアリ被害につながることも!雨漏り原因を調査し早期対処しよう

住宅に雨漏りが発生すると木材が濡れて腐ってしまい、その部分にシロアリが住み着いてしまう恐れがあります。シロアリが棲みつくと住宅に使用されている木材が次々ダメージを受け、住宅倒壊などの問題が発生してしまいます。大切な住まいを長く守るためにも、雨漏りはすぐに修理して被害の拡大を防ぎましょう。

家の防水工事を考えるタイミング

住宅で雨漏りが発生するのを防ぐには、防水工事を行なって住宅の耐水性を高める必要があります。 屋根部分にヒビ割れや水溜まりなどが発生していると、その部分から浸水が起きてしまう可能性があります。しかし定期的に防水工事を実施しておけば、雨漏りの原因を解消することが可能です。 目安として最低でも10年に1度は防水工事を行なうようにしましょう。

TOPボタン